みやもとからのご提案

お着物をお召しいただくには、どんな場面がありますでしょうか?
きものをよく着る場面としては、人生の通過儀礼と言われる、お宮参りに始まり、七五三、入学式、卒業式、成人式や結婚式、そして、お葬式など、節目節目でしょうか。
お稽古にお召しになる方もいらっしゃいます。一方で、今日はランチや観劇、美術館巡りなのできものを着よう!と、思いたった時に着る方もいらっしゃいます。
きものは着る機会がないと言われますが、きものをお召しいただく場面は、実はたくさんあるのです。
でも、どんな時に、どんなきものを、どんな組み合わせで着れば良いのか、悩む方も多いのではないでしょうか。
みやもとは、そのような方のお手伝いをさせていただきたいと考えています。

新着

いよいよ夏物の出番がやって参りました。七五三のご準備もそろそろ始まります。

染の百趣矢野の絽の訪問着です。
さすがに、絽のお振袖を作っている所は、ほとんど無くなりましたが、絽の訪問着で若向きを作っている所もとても少ないです。数少ないメーカーのひとつがこちらです。

落ち着いた附下げでしたら、まだまだ、作っている所はございます。
同じく染の百趣矢野の附下に、都の紗本袋帯を合わせました。

きれいなブルーの附下は、染めの川勝のお品物です。帯は、となみの夏袋帯を合わせてみました。
何を着ていても暑い夏ですが、見ている人に清涼感を届けるのが、夏のおきものです。
是非トライしてみて下さい。

気軽にお召しいただくのでしたら、夏の小紋もございます。
同系色の帯で合わせてみました。

そろそろ、七五三のご準備も始まります。
レンタルの方は、まだまだ、先でも大丈夫ですが、どのおきものにされるかは、ご来店の上、早めにお決めいただいたほうが宜しいと思います。肩揚げや腰揚げの採寸は、夏休み以降に再度ご来店いただいて測らせて頂きます。
ご購入をお考えの方で、小紋や絵羽でお仕立てされるおつもりの方は、そろそろ、お品選びが必要です。こちらも、先にお仕立てをさせて頂き、夏休み明けに、採寸させて頂いて、肩揚げ腰揚げ致します。
掛け着を三歳にお召しになるおつもりの方は、事前にお袖の丸みを作らなくてはなりません。直前では、間に合いませんので、事前にご相談下さいませ。

7月のご恩返しの会では、当社の社長就任30周年の記念に、色々なお品をご恩返し価格で発表させて頂きます。
ご来場記念に、国内の和裁士が作った銀イオンを織り込んだ抗菌作用のあるマスクをプレゼントさせて頂きます。ご来場ご希望の方には、入場券を送らせて頂きます。
社長就任30周年記念 ご恩返しの会
7月17日(金)~20日(月)

おきもの相談室

お手持ちのきもののご相談・お手入れ・お直し・リメイクなどをはじめ、コーディネイト・小物の合わせ方など、きものに関することでしたら何でもご相談いただけます。きもの蔵人みやもとでは、鎌倉では毎日、東京では月1回土曜日 午前10時から午後4時まで、ホテルニューオータニ・メイン16階のステラの間で、「おきもの相談室」を開催しております。 また、当社の蔵にお預かりのきものの受け渡しもいたします。
ニューオータニでは、午前中に着付け教室「結彩舎」も開催しておりますので、ご希望の方は事前にお申し込みください。また、お車でお越しの方には、駐車券をご用意いたしますのでお申し付けください。毎月の開催予定はハガキでお知らせしております。お電話または「お問い合わせフォーム」から「おきもの相談室 情報希望」とお書きになってお申し込み下さい。

コーディネイトなどのアドバイス

コーディネイトなどのアドバイス

お手持ちのきものや帯の画像を、スマートフォンのアプリを使って共有させていただきますので、コーディネイトもお気軽にご相談ください。
どんな場面で、どのきものをどの帯と組み合わせてお召しいただくのがよいのか、小物の色はどうしたらよいかなど、みやもとのスタッフがていねいにアドバイスさせていただきます。

お申込は、いつでも受付中!

詳しくは、店頭またはフリーダイヤルで

0120-150602
(フリーダイヤル)
お問い合わせはこちら