みやもとからのご提案

どんなシーンできものをお召しになられますか?
きものをよく着る場面としては、人生の通過儀礼と言われる、お宮参りに始まり、七五三、入学式、卒業式、成人式や結婚式、そして、お葬式など、節目節目でしょうか。
お稽古にお召しになる方もいらっしゃいます。一方で、今日はランチや観劇、美術館巡りなのできものを着よう!と、思いたった時に着る方もいらっしゃいます。
きものは着る機会がないと言われますが、きものをお召しいただく場面は、実はたくさんあるのです。
でも、どんな時に、どんなきものを、どんな組み合わせで着れば良いのか、悩む方も多いのではないでしょうか。
みやもとは、そのような方のお手伝いをさせていただきたいと考えています。

新着

秋は、こっくりした色目のお着物をお召し頂くと温かみが感じられます

さらりとした附下げですが、無地の様に見えますが、無地ではございません。じっくりご覧いただきますと、縦の線がほんのりと描かれているのにお気付き頂けると思います。
今このようなさりげない柄の附下がとても少なくなってしまっておりまして、探すのに一苦労です。
合わせる帯次第で、お召しいただくシチュエーションを変えることが可能です。

訪問着もこのぐらいの柄の分量ですと、附下げ同様、ご招待状が届かなくてもお召しいただけると思います。
どちらのおきものも、みやもと好みの茶色地ですが、同じ茶色でも色目は様々です。
お洋服の方が多いお集りにお召しいただいても、浮いてしまわず、お一人だけが妙に頑張ってしまったようにはうつりません。

お留袖も、最近はレンタルにされる方が多く、市場にはあまり数が出回らないお着物となってしまいました。
しかし、やはり、人生のとっても大きな節目ですのとご紋に拘られて、ご購入下さる方も多いです。
ですので、みやもとでは、常に、お留袖をご覧いただけるようご用意しております。

これからの時期は、上に羽織る道行コートや道中着が必要になります。また、気が付いたら、妙に派手になってしまった雨ゴートの買い替えも、ご提案したい一品です。
京都では、帯付きで歩かれるのは、芸子さんや舞子さんと言われるそうで、冬だけではなく春夏も薄物のコートをお召しになられます。
上にお召しになるものは、季節ごとに一着あれば良いので、拘ってお選びいただけると良いと思います。

1月の展示会は、1月23日(木曜日)~26日(日曜日)の「福の市」です。
当店今年最初の展示会は、初市にふさわしく、ご覧いただいて楽しく、お聞きいただいて楽しいような会を企画いたしました。紬の伝道師 野田 匠氏にご来場いただき、皆様に紬のお話をさせて頂きます。また、最高級の色無地と言われる 大王松の色無地を超特価で出させて頂いたり、もりだくさんな内容となっております。お土産のご用意もございますので、お問い合わせのページから、お申し込みください。

おきもの相談室

お手持ちのきもののご相談・お手入れ・お直し・リメイクなどをはじめ、コーディネイト・小物の合わせ方など、きものに関することでしたら何でもご相談いただけます。きもの蔵人みやもとでは、鎌倉では毎日、東京では月1回第4木曜日 午前10時から午後4時まで、ホテルニューオータニ・メイン16階のステラの間で、「おきもの相談室」を開催しております。 また、当社の蔵にお預かりのきものの受け渡しもいたします。
ニューオータニでは、月一回、午前中に着付け教室「結彩舎」も開催しておりますので、ご希望の方は事前にお申し込みください。また、お車でお越しの方には、駐車券をご用意いたしますのでお申し付けください。毎月の開催予定はハガキでお知らせしております。お電話または「お問い合わせフォーム」から「おきもの相談室 情報希望」とお書きになってお申し込み下さい。

コーディネイトなどのアドバイス

コーディネイトなどのアドバイス

お手持ちのきものや帯の画像を、スマートフォンのアプリを使って共有させていただきますので、コーディネイトもお気軽にご相談ください。
どんな場面で、どのきものをどの帯と組み合わせてお召しいただくのがよいのか、小物の色はどうしたらよいかなど、みやもとのスタッフがていねいにアドバイスさせていただきます。

お申込は、いつでも受付中!

詳しくは、店頭またはフリーダイヤルで

0120-150602
(フリーダイヤル)
お問い合わせはこちら