みやもとからのご提案

どんなシーンできものをお召しになられますか?
きものをよく着る場面としては、人生の通過儀礼と言われる、お宮参りに始まり、七五三、入学式、卒業式、成人式や結婚式、そして、お葬式など、節目節目でしょうか。
お稽古にお召しになる方もいらっしゃいます。一方で、今日はランチや観劇、美術館巡りなのできものを着よう!と、思いたった時に着る方もいらっしゃいます。
きものは着る機会がないと言われますが、きものをお召しいただく場面は、実はたくさんあるのです。
でも、どんな時に、どんなきものを、どんな組み合わせで着れば良いのか、悩む方も多いのではないでしょうか。
みやもとは、そのような方のお手伝いをさせていただきたいと考えています。

新着

さりげない附下に、喜久寿の刺繍の袋帯

春らしい、明るい地色の附下です。柄は組紐の柄ですので、季節は気にせずお召しいただけます。
所々、金糸で刺繍してある所に、職人のこだわりを感じます。
帯も箔の帯を合わせると格調高くなりますし、今回合わせたような帯ですと気楽にお召しいただけると思います。

色違いの小紋に、西陣の織名古屋帯と喜久寿の染名古屋帯を合わせてみました。
帯のお値段も様々で、お値段が高い方が格があるとは限りません。
今回は、西陣の織名古屋の方が格調高くなりますが、染名古屋でも柄や素材で格調高いお品もあります。
また、おきものの地色によって、合わせる帯も変わってきます。

糊糸目をきちんとした正統派の訪問着
落ち着いたグレーの地色に、ほとんど色を使わずに松や紅葉や梅などの柄を描いています。
所々に入っている紅の色が華やぎを感じさせますが、合わせる帯次第でお若い方からご年配の方までお召しただけるお品です。
生地も大変どっしりとしたおきものですので、お召しいただくとその重みで、おきものが体にぴったりと沿ってくれると思います。

そろそろ塵除けが必要な季節となってきます。
母の時代には、上に羽織るコートや道中着も袷・単衣・夏物と作られたものですが、今は、袷のコートと塵除けの2種類をお持ちになられます。しかも地球温暖化のために、塵除けをお召しになる期間が延びて来ました。何もはおらずに、電車に乗ってお出かけは、きものや帯の汚れも気になります。
せっかくのきものや帯を隠すなんて・・・とおっしゃって、コートをお召しにならない主義の方もおられますが、やはり、一枚お羽織り頂いたほうが、良いと思います。薄物のコート、今年こそトライされませんか?

4月は、享保10年創業 京都の老舗問屋「千切屋」が鎌倉に本格初参戦
春のきもの祭りを開催いたします。98,000円の特価コーナーから、日本工芸会所属の作家さんの作品まで、展示いたします。

おきもの相談室

お手持ちのきもののご相談・お手入れ・お直し・リメイクなどをはじめ、コーディネイト・小物の合わせ方など、きものに関することでしたら何でもご相談いただけます。きもの蔵人みやもとでは、鎌倉では毎日、東京では月1回土曜日 午前10時から午後4時まで、ホテルニューオータニ・メイン16階のステラの間で、「おきもの相談室」を開催しております。 また、当社の蔵にお預かりのきものの受け渡しもいたします。
ニューオータニでは、午前中に着付け教室「結彩舎」も開催しておりますので、ご希望の方は事前にお申し込みください。また、お車でお越しの方には、駐車券をご用意いたしますのでお申し付けください。毎月の開催予定はハガキでお知らせしております。お電話または「お問い合わせフォーム」から「おきもの相談室 情報希望」とお書きになってお申し込み下さい。

コーディネイトなどのアドバイス

コーディネイトなどのアドバイス

お手持ちのきものや帯の画像を、スマートフォンのアプリを使って共有させていただきますので、コーディネイトもお気軽にご相談ください。
どんな場面で、どのきものをどの帯と組み合わせてお召しいただくのがよいのか、小物の色はどうしたらよいかなど、みやもとのスタッフがていねいにアドバイスさせていただきます。

お申込は、いつでも受付中!

詳しくは、店頭またはフリーダイヤルで

0120-150602
(フリーダイヤル)
お問い合わせはこちら