みやもとからのご提案

お着物をお召しいただくには、どんな場面がありますでしょうか?
きものをよく着る場面としては、人生の通過儀礼と言われる、お宮参りに始まり、七五三、入学式、卒業式、成人式や結婚式、そして、お葬式など、節目節目でしょうか。
お稽古にお召しになる方もいらっしゃいます。一方で、今日はランチや観劇、美術館巡りなのできものを着よう!と、思いたった時に着る方もいらっしゃいます。
きものは着る機会がないと言われますが、きものをお召しいただく場面は、実はたくさんあるのです。
でも、どんな時に、どんなきものを、どんな組み合わせで着れば良いのか、悩む方も多いのではないでしょうか。
みやもとは、そのような方のお手伝いをさせていただきたいと考えています。

新着

秋のイベントには、おきものが活躍すると良いなと思います

昔のおしゃれな方は、春の単衣と秋の単衣を分けておられました。
春先は、白っぽいおきもので単衣を作られ、秋には、こっくりとした色目の単衣を作られました。同系の色目でおきものと帯を取り合わせる時には、帯締めがポイントになります。白っぽい帯締めを使われるとフォーマルらしくなり、金茶などを使われるとしゃれっぽくなるかと思います。

結婚式も再開されだしたように思います。最近では、新郎新婦のお母様しかお召しになられない黒留袖。
しかし、本来は、ご親族は皆黒留袖で良いのです。せっかく、作られたら、是非とも繰り返しお召しいただきたいと思います。もしくは、しっかり、お嬢様に譲る準備もしておきたいです。

七五三のお祝いのおきものの色目も時代と共に変わります。最近では、アナ雪の影響で、水色を好まれるお嬢様も多いとお聞きしました。
当店でも、色々な色目のお品をご用意しております。七五三に関しましては、レンタルや撮影のお手伝いもさせて頂いておりますので、お早めにご相談下さいませ。



新作発表会 秋の秀彩苑
日時:9月8日(木)~11日(日)
会場:きもの蔵人みやもと 店内特設会場
今年も、全国各地から、新作が鎌倉に集結致します。来年で、当店は、創業150周年を迎えます。それに向けて、着々と準備を重ねております。
秋の秀彩苑では、七五三のお衣裳(ご購入・レンタル)や撮影のご予約会も同時開催いたします。七五三の小物も充実して揃います。ご来場ご希望の方には、ご案内状を送らせて頂きますので、お問い合わせのフォームからお申し込みくださいませ。
毎年来て頂いている草履の職人さんは、都合により、今回はお越しいただけないことになりましたが、10月14日(金)~17日(月)の展示会にお越し頂く事になりました。

コーディネイトなどのアドバイス

コーディネイトなどのアドバイス

お手持ちのきものや帯の画像を、スマートフォンのアプリを使って共有させていただきますので、コーディネイトもお気軽にご相談ください。
どんな場面で、どのきものをどの帯と組み合わせてお召しいただくのがよいのか、小物の色はどうしたらよいかなど、みやもとのスタッフがていねいにアドバイスさせていただきます。

お申込は、いつでも受付中!

詳しくは、店頭またはフリーダイヤルで

0120-150602
(フリーダイヤル)
お問い合わせはこちら