お手入れ

着物のイメージチェンジ

みやもとは創業以来、きもののお手入れやお直し、加工を得意としてきました。
お母様の古くなったきものも加工すれば新しく生まれ変わり、今ふうにイメージチェンジができます。色無地なども、手描き模様を施すことで雰囲気が変わり、装いも広がります。しみや色ヤケしたきものはもとに戻り、新品のようにお召しいただけます。

加工方法

柄足し

シミがひどく、二度と袖を通せないと思っていたきものも、シミの上に顔料で元の柄を描くことでよみがえります。仕立てたままで加工が可能です。

柄足し

地色替え

柄は気に入っているけれどきものの地色が派手になってしまった、イメージを変えたい時に、地色替えを行います。柄を糊で一旦伏せて染め直しますが、この方法は費用が高くなります。そこで、写真のように、ほどほどに柄の近くまで地色を変えるという方法があります。糊伏せするよりかなりお安くできますが、きものをいったん解いてから加工することになります。また、地色は元の地色より濃くしなければなりません。

地色替え

小物や名古屋帯に

汚れや柄が気に入らないなど、着なくなったきものは、小物や名古屋帯に作り直すことができます。それぞれに向く柄がございますので、ご相談くださいませ。

小物や名古屋帯に

生け洗い

付け帯・袋帯
4,000円(税別)
長襦袢
6,000円(税別)
小紋・紬・無地
8,000円(税別)
紋付・黒紋付
9,000円(税別)
訪問着・振袖・総絞り
10,000円(税別)
留袖・比翼付振袖
11,000円(税別)

保管代行

保管代行""

日本初の着物保管システムで長期管理も安心

「きものを購入したものの、桐ダンスがない」「譲り受けたきものの保管の仕方がわからない」「海外赴任で長期不在になり、きものの管理に困っている」など、きものの保管でお困りの方は、ぜひ当店の「きもの保管代行システム」をご利用ください。

保管代行

昔からきものの保管には、吸湿性や防虫効果が高い総桐のたんすが一番良いといわれています。当店の「蔵」は、きもの専門店ならではの知識と経験を生かし、ハイテク技術の粋を集めた「きもの保管倉庫」です。人工的に巨大な「総桐のたんす」を作ることで、一年を通じてきものに最もやさしい環境を維持し、定期的に庫内を防虫致しますので虫食いの心配はありません。

また、お客様からお預かりするきものや帯の画像を1点1点撮影し、スマートフォンのアプリを使って共有いたします。何を預けたのか、いつでも画像でご確認いただけ、出庫時は画像を見ながらご指定いただけます。

お電話1本で好きな時にきものの出し入れができるので、簡単・便利。ご着用のホテルや美容室へ配送もいたします。きものライフをますます身近に、気軽にお楽しみいただけるシステムです。

商  品

分割保管料月額

年間保管料

一括年間保管料

留袖・振袖

900円

10,800円

9,900円

訪問着

850円

10,200円

9,350円

着尺

700円

8,400円

7,770円

着尺

600円

7,200円

6,600円

羽尺・コート

500円

6,000円

5,500円

袋帯

300円

3,600円

3,300円

襦袢

100円

1,200円

1,100円

コーディネイトなどのアドバイス

コーディネイトなどのアドバイス

お預かりするきものや帯の画像を1点1点撮影し、スマートフォンのアプリを使って共有させていただきますので、コーディネイトもお気軽にご相談ください。
どんな場面で、どのきものをどの帯と組み合わせてお召しいただくのがよいのか、小物の色はどうしたらよいかなど、みやもとのスタッフがていねいにアドバイスさせていただきます。